2012年09月29日

銀行のシステム

銀行のシステム家内が暗証番号を忘れてしまい、カードで引き出しが出来ないため銀行の窓口で相談

本人確認のため提示した日本の運転免許書の住所が実家にしておいた為 銀行に登録していた住所と異なっているとのことで、住所変更の手続きもすることに。

おまけに持参した印鑑も登録印と違ったため、こちらも併せて変更することにした。

すると本人の確認が出来ているのに、住所の確認が出来ないとの理由で本日は現金の引き出しが出来ないと言う。ありえない..

それでは...

海外から帰任して新しい住所に転居した人は、全て日本に帰国直後に現金を引き出せない事になってしまう。暗証番号を覚えていれば問題はなかったのだが、10年も使っていなければ忘れてしまうことだってあるだろう。

しかも、この手続きをするまでに1時間待たされ、手続きをするのにまた1時間 平日の昼間でそれ程 混雑していない状況でこれだけ時間がかかるのも不思議。

役所と金融機関はあまり融通が効きすぎても困ることは事実だが、サービス産業の一環としてはもの凄く改善の余地がある。

アメリカの金融機関に勤めている人が、日本の金融機関は10年遅れているといった意味が分かる。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


この記事へのコメント
鷹さん:

早速日本の洗礼に会っていますね。
サービス産業??? 銀行勤務の方にそんな事いったら、は〜〜〜???ですよ。

日本は、何しろ手続きのための手続きに命をかけています。

生産性などは無視国家。
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2012年10月05日 13:13
春さん

全くその通りです。
外を知らないだけに、日本の常識が世界に通用しないことを知る機会がないのが残念です。

これから講演などで草の根運動を展開していきます。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年10月05日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。