2012年06月02日

差別と区別

差別と区別アメリカは人種の坩堝であると共に、貧富の差が激しく所得や階級格差のある国でもある。

私がアメリカに来たばかりの時に、TVのニュースで殺人事件の報道があった。その時のコメンテーターの発言 “彼は間違った時間に間違った場所に居ました” 日本では考えられないような衝撃的なコメントだった。

暫くすると、そのコメントの意味が良く分かるようになった。何故ならば..

アメリカでは犯罪の起こるエリアがある程度予想されるからだ。これは人種や所得格差などにより、住むエリアが決まってくるためだ。

日米の犯罪件数を比較してみると、2010年 警察庁発表の日本の全刑法犯罪発生件数は 
約 14,000 件 それに対し、アメリカ FBI 発表の全刑法犯罪発生件数 約 140 万件 100倍の差がある。

うち殺人は、日本が約 1,100 件に対し、アメリカは約15,000件と10倍
また、ここで気になるのが、日本の殺人のうち50% は血縁ということだ。これはアメリカの 26% に対し倍の数字。

日本人は家族を大切にする素晴らしい国民だと思う。日本は何処へ向かっているのだろうか?


同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


この記事へのコメント
50%が血縁者・・・目を疑いたくなります。

心が成長できる場が、だんだんと減っていき
楽な方へ楽な方へ、流れていってる。

携帯電話やパソコンなど、今では持ってないほとが珍しいですが、
それだけに依存しすぎてるのが怖いです。

両方とも、コミュニュケーションの方法の一つだと思っています。
現に、ツイッターもフェイスブックも、
アメーバーピグもしています。

愛らしいピグに、はまり中~です(笑)

相手の表情を伺ったり、声を聞いたり、
触れ合ったり・・・これがないと、
自分の世界だけで、終わってしまう。

喜怒哀楽、大切だと思います。
人間らしい生き方したら、気持ちいいのにね!
できたらいいのにね!と思います。
Posted by ベビーさろん かしの木 at 2012年06月03日 12:01
双子ママさま

いつもコメント有難うございます。

IT化が進み便利な世の中になりました。これらのツールを有効に使い、より快適な生活を手に入れるのは素晴らしい事です。

しかし、その反面 おっしゃる通り人と人との会話から生まれる、優しさや喜怒哀楽が欠如してしまう原因の1つにもなっているかもしれませんね。

先日、米グーグルのエリック・シュミット会長が、ボストン大学で講演した時に、1日1時間はスマートフォンやコンピューターを使わない時間を確保するよう卒業生達にに呼びかけました。

モニターを見る代わりに大切な人たちの顔を見て“本当の意味での会話を持つ”ようにするためです。

バーチャルとリアルの境目がファジーになり、区別のつかない大人にならないよう、子供の教育が重要になってきていると感じています。

これからも宜しくお願いします。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年06月03日 14:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。