2012年05月11日

強運と神頼み

強運と神頼み自分の努力ではどうしようもない時 人は “神頼み” をする

人一倍頑張り、努力をして結果を待つ。“人事を尽くして天命を待つ”の神頼みはありかと思うが、何もせず宝くじを買って “当りますように” という運任せというのは些か虫が良すぎるような気がする。

やれるところまでやり、最後の結果が微妙なさじ加減の時は、運の良し悪し、神のみぞ知る 事があるかもしれない。

よく “運が強いですね” と言って頂くが、自分としてはそれ相応の努力をしているつもりでいる。

今から20 数年前 初めてアメリカに来る時に...

アメリカの弁護士も日本の弁護士も私のステイタスにあうビザはないと言い、完全にさじを投げられた。誰も救いの手を差し伸べてくれず、絶望的状況だった。新規会社の設立で、しかもヘッドハントされたよそ者では無理のない話だが、前の会社も辞めてしまっていたし、後がない。

あらゆるコネクッションを頼ってお願いに回ったが、ある1人の方から “自分でやれるところまで頑張ってみろ。それでも駄目ならもう1 度訪ねて来なさい” と言われた。

確かに自分の中では精一杯やったつもりでいたが、本当にやれる事を全てやったのか? 弁護士に相談しに行っただけだったのではないか など自問自答した。

早速アメリカ大使館を訪ね、状況を説明した。その真剣さが伝わったのか、アドバイスをもらい、それに従って書類を作成した。

インターネットのない時代だけに、資料作成のために日米間を3往復し、最終的に作成した資料は暑さ15 cm 程にもなり、大使館の窓口に入らず、扉を開けてもらい書類を手渡した事を今でも鮮明に覚えている。結果としてビザが獲れた時は飛び上がる程嬉しかった。

“もう駄目だ” と思った時から始まる。誰にも負けない努力をして、初めて神頼みの力が発揮される。



同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。