2012年02月15日

キッズバレンタイン

キッズバレンタインバレンタインデーの今日 娘のスクールでもバレンタインパーティが開かれた。

といっても子供達がそれぞれ持参したバレンタインギフトを、クラスメイトに配り スクールが用意したお菓子を食べる程度の軽いもの。

それでも娘は喜びを隠しきれない様子でウキウキしてる。

キッズバレンタイン昨年はディズニークルーズに行っていたので、参加出来なかったが、今年はグッディバックに数種類のお菓子とシールを詰め合わせにしたものを持参し、元気良く出かけていった。

子供達は大興奮し、誰々からこんなものを貰ったと大喜びしている。

娘はお菓子を貰ったことよりも、大好きなカーレンと仲直り出来た事が嬉しかったようだ。
“カーレンってカッコイイし、優しいし もうメロメロ” という5歳児を見て複雑な心境。

アメリカは日本と違い 女性が男性にチョコレートを贈る習慣はないが、男性が女性に花を贈る光景が目に付く。今晩はファミリーでイタリアンでも食べようと出かけていったが、どこも1時間は待たなければならい程、平日の夜にもかかわらず大盛況。バレンタインパワーで不況を吹き飛ばせ。



同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
新たな資格
新たな資格(2019-06-25 21:23)

問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。