2012年02月03日

実践で学ぶ

実践で学ぶ娘のスクールでガレージセールがあった。といっても教育の一環として 家で不要となったオモチャをスクールに持って行き、キンダーのクラスメイト同士でガレージセールをやるというものだ。

実際のコインを使って売買もする。価格は先生が値付けしてくれて、それに見合う代金を支払い、お釣りをもらって商品を受け取る。

日本の幼稚園でもこのような事をやっているか否かは定かではないが  Penny (¢1) ・ Nickel (¢5) ・ Dime (¢10) を使って Penny (1) が5つで Nickel (5) 10 集まれば Dime (10)  といった感じで算数の勉強をしているのだ。

娘もこのイベントを楽しみにしており、家でも買い物遊びと称して練習をしていた。最初のうちは ¢10 の買い物をするのに Penny を10 枚並べていたが、慣れてくるに連れて Dime 1枚や Nickel & Penny と併せて使うなど工夫するようになる。

今まで足し算を頭の中で 1,2,3 と数えていたようだったが、これをやりだして 5 から数えるようになったようで答えが数段速くなった。

1つ気になったのは 娘に “これをください” というと “はい 喜んで” と応える事。
どこかの居酒屋の掛け声のような言葉をどこで覚えたのだろう?








同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

教師とマネジャー
教師とマネジャー(2018-01-29 21:35)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。