2012年01月29日

氷上のプリンセス

氷上のプリンセスディズニー・オン・アイスを観にいった。

今回はプリンセス・アンド・フロッグ(The Princess and the Frog )、シンデレラ、ラプンツェル(Rapunzel)の3話がメインストーリーとして氷上で繰り広げられた。

氷上のプリンセスアイスショーとしての完成度の高さは、流石はディズニーと感心させられる。 1話毎にミッキー&ミニーがクイズ形式でMCを勤め、2時間のショーは子供達を飽きさせる事なく進む。最後はお馴染みのプリンセスが全員登場し大歓声のうちに幕を閉じる。 

観客の大半は小さな娘達。彼女達はお気に入りのプリンセスの衣装に身を纏い、氷上のプリンセス達の素晴らしい演技にうっとりしている。

ラプンツェルはグリム童話にある髪長姫をアレンジしているように、ディズニーは各国の童話を原作としている事が多い。その為世界中の人々から愛される。これもまた素晴らしいマーケティングだ。




同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。