2012年01月21日

セサミに二コール

セサミに二コール娘と一緒に KIDS チャンネルで “セサミストリート” を観ていたら なんと若かりし頃の二コール・キッドマンが出ているではないか。私の大好きな大女優がマペット達と共演している所を偶然観る事が出来て嬉しい。

“セサミストリート” は1969年にアメリカで誕生して以来40年以上にわたって140以上の国と地域で愛され続けているご長寿番組だ。

“セサミストリート” の名前の由来は...

まだ未開拓地方であったテキサス州近郊に ジェイムズとロイというごま好きの兄弟 (アンダーソン兄弟) が1952年にごまの会社を設立し、開拓地のメインストリートの名前を「セサミストリート」とした事からきている。

ごまの栽培地で働く労働者が増えてくると、子供達の教育のためアンダーソン兄弟はセサミストリートの一角に丸太小屋の教室を開き人種の違う子供達を集めて授業をした。人種差別が激しい当時のアメリカにおいて主従や人種差別のない教育が街をあげて行われたことに興味を持ったアメリカのTV会社がこれをヒントとし独特のぬいぐるみを使った子供向け番組を作ったのが「セサミストリート」

セサミに代表されるようにアメリカのキャラクター達は人種や性別にとらわれる事なく、舌足らずやアクセント、背の高さ、体重差、ハンディキャップなどをあえて取り入れ、愛されるキャラクター創りをして子供達に差別のない世界を創造させようとしている。

マペットの動きは日本の文楽がヒントになっていると言われる。ディズニーも大いに日本の良さを取り入れている。海外の人達が日本の素晴らしさに気が付いている。

TVを使って楽しく、自然に教育していくという素晴らしいマーケティング。日本のTV番組もお笑い一辺倒ではなく、少しは将来を見据えた番組制作をしても良いのではないだろうか



同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


この記事へのコメント
同感です!!


かつてNHKで放送していましたが今ではもう放送されていません。
英語ではなく日本語になってしまったことも人気下落の要因に。
凄く残念です。

セサミストリート 私も幼い頃に興味を持ち観た事があります。
あのテーマソングが大好きで。
大人になっても有名な歌手や女優俳優も登場するので
飽きる事はありませんでした。

英会話教室でもこのセサミストリートの教材を使用し
この教材、リスニングテープには一部
本物のキャラクターの声優さんが参加してくれています。
子供達には刺激のある良い教材でした。

いいですよね、セサミストリート。
今でも大好きです。
Posted by tomoko at 2012年01月21日 17:05
Tomoko さん

コメント有難うございます。
NHKのセサミはなくなってしまったのですか
残念ですね

中学生日記も終わってしまうし、教育番組が姿を消していくのは日本の未来のためにはもったいないと思います。

日本のマスコミもそれを観る視聴者である日本人も、互いに質をあげていく時期のように感じています。

草の根でも良いから頑張っていきましょうね!
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年01月22日 16:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。