2012年01月19日

妖精がやってきた

妖精がやってきたアメリカでは子供の歯が抜けると Tooth Fairy (歯の妖精)が来て 元気な歯が生えるように抜けた乳歯を持っていってくれる。その代わりに $1 を置いていってくれるという習慣がある。

昨日スクールで3本目の歯が抜けた娘は、また妖精が来て抜けた歯を持っていってくれると大喜びで帰ってきた。

実際には毎回 妖精宛に “元気な歯が生えますように。でも歯は持っていかないでね”と手紙を書いてお願いしている。抜けた自分の歯を手元に置いておきたいらしい。

そして3本目の今回も手紙がテーブルの上に置いてあった。“うさぎをおねがいします”
しかも宛名のところの サンタさんへ がグシャグシャに塗られ、代わりに フェアリーさんへ となっている。その上に抜けた歯となぜかマシュマロ

しかたなしに 可愛いうさぎの写真と $1 を置いて マシュマロの端をちぎっておいた。翌朝それを発見した娘はうさぎが来てマシュマロをかじったと思い込み、本当のうさぎがもうすぐ届くと大喜び。
どーしよう..

子供の夢を壊さないように親も影で色々と苦労と工夫をしているのだなぁ 
親になって初めて分かる事がたくさんある。




同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


この記事へのコメント
鷹さん、

それはもう、ウサギ飼うしかないっしょ!
やるなら徹底的に!!

応援しています!!!


動物苦手不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2012年01月20日 00:09
可愛いですね!!!

そして小坂さんの御心(気遣い)がまた素敵です。


ウサギの気持ちが人より少し解る卯年男
Posted by AIGC, INC.AIGC, INC. at 2012年01月20日 07:49
春さん 東森さん

コメント有難うございます。

実は今朝も妖精から手紙が届きました。 “うさぎはまだ赤ちゃんなので、2ヶ月 妖精の国でお世話する事になりました”という内容。

それを読んだ娘はなんと60個のマスのあるカレンダーのようは表を創り、X印を書き込み始めました。

60個全部X印をつけた日には、やっぱりウサギを飼うしかないですね
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年01月20日 16:08
買うしかありませんよ!!

うさぎを世話する娘さんの姿を見るの、とても楽しみですね!
うさぎも沢山種類がいるので迷っちゃいそうですね。

うさぎに指を噛まれたトラウマ持ちの
どんくさいtomokoより
Posted by tomoko at 2012年01月21日 17:12
鷹さん:

しかし、賢いね・・・
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 2012年01月24日 21:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。