2012年01月14日

5日行って7日休む

5日行って7日休む1月3日からスタートした娘のスクール 
流行の風邪にやられてしまい5日通ったあとの火曜日からお休みしている。

体調自体はそれ程悪くなく、家でのんびり過ごしている分には一見元気そうなのだが、咳が止まらない。アメリカ人は咳をしている人、鼻水を啜る行為を極めて嫌う。

日本だったら “そんなに体調が悪いのに頑張るねぇ” と励ましの言葉をかける人もいるかもしれないが、アメリカだったら “なぜ来たの? 早く帰って休みなさい” となる。

来週の月曜日は Martin Luther King, Jr. Day  で休日。今週末は3連休となる。

Martin Luther King, Jr. はキング牧師の名で知られるアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者。1964年にはノーベル平和賞を受賞している。生前の業績からアメリカの祝日に制定された故人は、クリストファー・コロンブス、ジョージ・ワシントン、エイブラハム・リンカーンを含め4人しかいない。

結局冬休みが終わって5日間スクールに行ったものの、その後7連休となった娘。

パジャマ姿のままピアノを弾く後姿が嘆かわしいやら嬉しいやら。



同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


この記事へのコメント
娘さん可愛いですね~♥
子供は純粋で真っ直ぐで大好きです。
天使に見えます。
癒されるし、学ばされるし、私の最高の先生達です。

娘さんの咳が1日も早く止まって回復されるのを祈ってます。


Martin Luther King Jr.…
高校生の時に愛知県豊田市から代表派遣学生として選ばれ
姉妹都市ミシガン州デトロイト市に数週間滞在したのですが
ホストシスターや友達はみなMartin Luther King Jr.高校の学生でした。

20年経った今も親交深くお互いに姉妹のように思っています。
彼の名前を見聞きしますと、親友との出逢いを思い出します。
当時、デトロイトの黒人比率は60%以上と高く
私の友達もみなアフリカ系アメリカ人で歴史を学ばせて頂きました。
彼らの愛別離苦などの苦悩があってこその今なんだなぁと
日本人ながらも心から感謝してやみません。


病欠…
ECC勤務時代には初のカスタマーサービス発足時
上司と共にCSボードメンバーとして務めさせて頂いておりました。

スタッフが風邪を引き無理して出勤する事で生徒さん達(老若男女)に
感染させてしまうのは良くないとし、休むことを推奨しました。
仕事は現場のチームで補い合うのが本来あるべき姿なのだから
1人が休んだ事で、彼女しか分からないので、と
お客様に言い訳は通用しないから、日頃から上司や同僚の仕事や
進捗状況を把握し誰もが対応できるようにしておく事が大切だと
主張し採用されました。現在も活かされている事を願っています。

無理して悪化させ長引かせ周囲に感染させてしまうよりも、
精神的に無理してでも休んで短期間で回復してくれた方がいいんですよね。
勿論、日頃から風邪をひかない対策をするのも仕事の1つなんですが。

とはいえ、ウイルス等は子供から貰っちゃうものですので、
どうぞご家族の皆様もご自愛くださいませ!
Posted by tomoko at 2012年01月20日 07:30
Tomoko さん

コメント有難うございます。

素晴らしい経験をされていらっしゃいますね。
確かに20年前のデトロイトは自動車関係で日本人にはちょっと危険な香りがしていましたが、今は郊外都市は随分開発され住みやすいところになっています。

お陰様で娘の風邪は回復し元気にスクールに通っています。明日は大雪警報が発令され、午後から休校になるようで また3連休と言って喜んでいます。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年01月20日 16:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。