2012年01月10日

マイ 1st シューズ

マイ 1st シューズシカゴのアイススケート人口は多い。

日本のトップ選手達もシカゴでコーチを受ける程シカゴのアイススケート環境は充実しており、一般のスケートファンにもリンクを公開しているところが沢山ある。

5歳の娘もすっかりアイススケートファンになり、なんとマイシューズまで買ってしまった。思っていたよりも安価で10回レンタルするのだったら買ったほうが安いという事で購入を決定。

届いた真っ白い 1st シューズを見て大喜びの娘。冗談で “シューズの外側に自分の名前を大きく書いてみたら。あの上手に滑っている娘は誰だって評判になった時に名前を呼んでもらえるよ”

すると黙って何処かに行ってしまったので、流石に新品の白いシューズに名前を書かれてはと怒ったのかと思っていたら、ニコニコしながらマジックペンを持ってきた。まだ数回しか滑った事がなく、補助機の Walker がないと滑れないのに、自分の中では浅田真央ちゃんくらいのイメージがあるらしい。

アメリカ人は “コンニチワ” と言えれば、日本語はネイティブですくらい言ってしまう程自信家だが、娘もいつのまにか そんなアメリカ感覚になっているのだろうか?

今はまだ Walker につかまりながら猛スピードでリンクを走り回っている娘だが、いずれ上手に滑れる日を夢見てスケートを楽しんで欲しい。




同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


この記事へのコメント
小坂さん

お子さん、スケートが好きになるといいですね。今後が楽しみですね。

うちの上の娘も4歳位(3歳からかも)からスケート始めて、もうかなりのレベルまで行きました。時々レッスンに連れて行ったり、パブリックスケーティングでは一緒に滑ったりしますが、見るたびに上達していくのには感心させられます。

年末にコンペティションがあり、同じクラス・同じ年齢の子達5人と技を競い合っていました。この年齢での順位付けには私はあまり意味を見出してはいなかったのですが、本人には励みになるようです。

それ以上に嬉しかったのは、プライベートレッスンを受けているコーチと娘が一緒にいる姿を見ることができたことです。滑る前に、コーチに指導を受けていて、しっかりとコーチの言う事を実践している姿(我々両親の言う事は聞かないのに・・・)、コーチも娘に色々とアドバイスを送っている姿を見て、娘の成長を感じることができました。
また、娘にとって良いコーチとめぐり合う事ができた事も、私にとってとても嬉しい出来事でした。

子供の成長を間近で見て実感できるって、いいですよね~。小坂さんのブログからもいつもそれを感じられるので、時々訪問しては遡って全部読んでます。
Posted by 魔王 at 2012年01月11日 04:30
魔王

お嬢さんスケートやってるんですね。素晴らしい!
今度いろいろと教えてください。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2012年01月11日 15:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。