2012年01月04日

初登校

初登校年が明けて3日目の本日 娘のスクールの新学期が始まった。

学校によってもスタート時期はまちまちのようだが、娘の行っているプライベートスクールは12月16日のホリデーコンサートを以って冬休みに突入 

2週間ちょっとの休みはホリデーシーズンという事もあり、パーティに行ったりお招きしたり、サンタに会いにいったり、スケートやショッピング、ゲームをしたりなどファミリーでのんびりと過ごした。

そんなある日.... 

“はやくスクールにいきたいなぁ” と娘が言った。最初の頃はなかなか慣れずに泣いたり、お腹が痛くなったりとスクールに行かせるだけでも大変だっただけに、やっとスクールが好きになってくれたのかと大喜びだった。

しかし その後に何故スクールに行きたいのか聞いてみると “だって全然外遊びしてないんだもの” 

確かにシカゴの冬は寒いと思い込み、例年になく穏やかな気候だったにもかかわらず全然外で遊んであげていなかった事に気が付かされた。

自分では精一杯 娘との時間を大切にしているつもりだったが、なかなか100点はもらえない。子育ても経営も100点はないかもしれないが、常にアンテナを張巡らせ 最善、最高の状態にしていかないとなぁ

今日 元気に登校していく娘を見て色々と勉強させてもらった。

同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
新たな資格
新たな資格(2019-06-25 21:23)

問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。