2011年12月17日

ホリデーコンサート

ホリデーコンサート本日娘のスクールのホリデーコンサートが開催された。
会場は全て子供達の手作り。頑張ったようすが伺える。

3歳-5歳の子供達が一列に並び5曲程の歌を披露する。その中の1曲はスペイン語のジングルベル スペイン語はスクールの授業の中にも取り入れられており、アメリカ社会の中でのスパニッシュの必要性を感じる。

ホリデーコンサート娘は家に帰った後も何曲かは “こんな歌を歌うんだよ” と言いながら披露してくれていたが、中には全く聞いた事のない難しい曲もあり、いつ練習したんだろうと感心させられた。

小さな子供達が元気に練習した成果を発表する姿は本当に可愛い。

昨年はあまり大きな声で歌えなかったが、今年はセンターで一番大きな声で歌い 先生だけではなく他の親御さん達からも随分褒められていた。言葉のハンディキャップを乗り越え、元気に歌う娘の姿を見て成長を感じると共に、スクールに馴染んでいる事を実感する事が出来 喜びひとしお。

白人社会の中にオリエンタルが1人だけなので 子供なりに心配や苦労もあったと思うが、今日のコンサートを観て安心。

これからも個性を伸ばすアメリカの素晴らしい教育を受け、成長していって欲しい。



同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。