2011年11月20日

緊張の糸

緊張の糸第2回 シングルス戦があった。今回は出場選手も少なく優勝チャンス 通常通りA&Bブロックに分かれ予選 その後決勝リーグになる。今回は予選15分 決勝リーグ20分とゲーム数ではなく時間内で勝ちゲームの多い方が勝者となるルール

Aブロックには師匠、ミスターの強敵がいる。まずはミスターとの闘い。モックンとの試合でガットが切れかかっていたが、そのまま続行。前回は勝利したが今回は3-3と同点 1本勝負で勝敗を決めるルールなのだが、何と痛恨のWフォルトで落としてしまった...

次の師匠には絶対に勝たなくは決勝リーグに進めない。2-1で迎えた4ゲーム目 残り時間2分となり師匠のサーブ 全てリターンエースを取っていかないと時間切れで負けてしまう。しかし流石ランク1位の実力者 かなり厳しいボールを打っても必ず打ち返してくる。ここが王者の強さだ。かなり追い詰めたものの、結局は打ち負かす事が出来なかった

問題はここからだ。この二人に照準を絞っていただけに対戦を終えた瞬間ガットの前に緊張の糸が切れてしまった。ランク11位のゲンちゃんに3-3 またしても1本勝負 得意のクロスストロークで決まったと思ったら 走り 追いつき 打ち返してきた。

緩く上がったボールはサイドラインを越えたと思い見過ごしてしまったらボール1/4程ラインにオン 
まさかの敗退 土曜日の朝練を頑張っているだけあり 確実に力が付いてきている。

油断大敵 言い訳無用 何とランク4位の関上先輩も13位のキリンに負け 決勝リーグ進出ならず。バイソンに合わせる顔がない。試合後2人で “1から出直そう” と誓いを立てた。



同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


この記事へのコメント
今回のVikin-manはびっくりすることが多かったね。Qちゃんは爆速の1stサーブ、強烈なフォアハンド、的確な戦略があるのだが、弱点は2ndサーブだと思っていた。Qちゃんと対戦する時は、いつも2ndサーブを叩こうと思っていた。Qちゃんがそれを嫌がって強く2ndサーブを打ってきた時はフォルトすることが多かった。そう、いつもキーワードは2ndサーブでした。Mr.との試合のラストポイントのWフォルトも精神的に迷ったのでは?是非お願いしたいのはフルスイングでネットの高いところを通して、ストンと落ちるスピンでねじ込む2ndサーブを練習して欲しいです。でもなかなかそれを試合で使うには勇気が要ると思います。それを習得しやすい方法としては、1stサーブからその2ndサーブを使うんです。もちろんフォルトしたらもう一本同じサーブを打つ。Wセカンド。と言うか、W1.5サーブ。80%のサーブを2回打てば96%入るんですもん。それで確率が増えてきて2ndサーブが自信を持って打てるようになれば1stサーブは早いのに戻せばいいんです。その辺のことは太郎ちゃんが良く知っていると思います。いずれにせよ第3回はQちゃんの活躍を期待しています。今回の結果なんか、次回の活躍には何にも関係ないですよ。

長文ごめんなさい。
Posted by バイソン at 2011年11月20日 22:21
おっしゃる通り バイソンがいた頃より随分改善されたものの まだまだ 2nd が弱い。ミスターとの試合は兎も角 ゲンちゃんとの試合は5ゲームまで記憶がない... あと2分というコールで初めて自分が試合をしている事に気が付かされたって感じ。6ゲーム目を3連続サービスエースで決めて臨んだ7ゲーム目で時間切れ なんとも情けない結果です。

それにしてもゲンちゃんもキリン君も力つけてきているよ!
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2011年11月21日 11:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。