2011年11月12日

シカゴダウンタウンで

本日はUJBNの定例ランチミーティングがシカゴダウンタウン 山本真理弁護士のオフィス Barnes & Thornburg にて開催された。

流石400名を越える弁護士を要しているだけあり素晴らしいオフィスだ。金融街の真ん中に聳え立つビルの44階 素敵な景観を望める会議室にてメンバー全員が集まってのミーティング

トピックスは多岐に渡ったが、我々の使命であるグローバル化、海外進出で何が今一番求められているか それをどう伝え、どうお手伝いしていくかについて活発な議論があった。

ここ数年日本企業は中国を中心としたアジア進出を第一に考えてきたが、今何故アメリカなのか? その1つの答えとしてアメリカは世界の縮図、人種の坩堝なので テストマーケティングにも有効 
すなわち中国やインドに本格的に進出する前にアメリカにいる中国人、インド人マーケットにて実験する事が出来る。実際そういった類の企業が増えている。

弊社もシカゴダウンタウンに本社を構えていた時期があったが、久しぶりにシカゴのダウンタウンに来ると “シカゴで働く” ってこんなイメージだったよな と良い意味で初心を思い返す事が出来た。
常に刺激を受け、新鮮な風を感じていこう。




同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。