2011年04月09日

真夜中の電話

真夜中の電話先日夜中の2時30分頃電話が鳴った。

この時期 真夜中の電話で良いニュースのはずがない....

以前は海外との連絡手段は電話、FAX、テレックスなどしかなかったので、真夜中に仕事の電話で起こされる事しばしば。

今はメールやスカイプなどありが FAX や国際電話をかける機会もかなり減った。

そう考えるとネットの発展にともない世界がより身近になり、ビジネススタイルも随分と変わった。

さて、この真夜中の電話だが義父が FAX を送るつもりでかけてきたものだった。
計画停電や節電の影響で メールやスカイプがうまく繋がらず FAX でランタンが欲しい旨伝えたかったようだ。

停電になると部屋が真っ暗になり、懐中電灯ではやりきれずランタンが必要という事で買いに行ったらしいが、どこも売り切れ。ネットでは価格が高騰してしまい買えない。

早速 3段階に光度調整の出来るランタンを送った。
数日後スカイプで4歳の孫とランタンをつけたり消したりしながら嬉しそうに話す義父の姿があった。



同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。