2018年01月29日

教師とマネジャー


教師もマネジャーも人を育成するという点では共通項が多い

相手の特性、強味を見抜き、伸ばす
もしくは弱点を克服させる

最大の違いは教師がやることは “ティーチング”
マネジャーはマネジメント

勿論、教師にもマネジメントは求められるし、マネジャーにもティーチングは必要

教師は、教え子に...




教材などを使いながら教えていく
その教え方や教材により、学力の差が現れる
しかし、一番は “教師と生徒との関係性” により “差” が拡大する

学力を伸ばすためには、生徒に興味を持たせる事が第一段階
興味を持てば、勝手に進んで学び、習得していく
しかし、教師との関係性が悪ければ、興味も半減する
逆に関係性が良ければ、興味がなかった学科でも興味を持つようになる

そのベースにあるのは “信頼”
“この人は絶対に自分を裏切らない” “尊敬に値する人” “自分の事を認め、尊重してくれる”

マネジャーと部下の関係にも、同じことが言えるだろう

教師も上司も人間
だから完璧ではない
でも期待はしてしまう

お互いに人間だし、ゴールも正解もないのにねぇ




同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

Equal
Equal(2017-10-29 22:38)

Appreciation
Appreciation(2017-09-14 22:17)

乱読を止める
乱読を止める(2017-08-29 19:52)

痩せた蛇
痩せた蛇(2017-05-24 22:28)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。