2018年01月07日

初打ちで己を知る


登壇が続き昨年11月と12月は休会していたが、本日テニス復活

初打ちに出掛けた
ガットも張替えたし、心機一転

アップの軽いストロークも良い感じだ
2ヵ月のブランクも感じない程、身体も良く動く

コーチとの1対1 の練習も一番乗りで幸先が良い

と思っていたら....






15分もしない内に息が切れだした

水分補給をしっかりとって
あれれ、全然回復しないうちに、次の番が廻ってきちゃうぞ

はぁはぁ 
息が整わないうちに、またアプローチからのボレー&スマッシュ

打っている時は良いのだが、インターバルの時に一気に疲れが溢れ出す

これが、2ヵ月のブランクかぁ

自分では大丈夫と思っていても、身体は正直だ
何かのシグナルを送ってくれている

今回は私以外にも初打ちの方々が多いようで、コーチの最初の一言は
“今日の目標は上達よりも怪我をしない”

笑える台詞だが、もっともな事だと感じた

高年次者の研修の最後に “感想、気づき、学び” を一人一言ずつ言って頂くが、
その時に必ず “健康であってこそ出来る” といった言葉が沢山出てくる

歳を重ねると健康の大切さを身に染みて感じる機会が多いからの重みのある言葉

人は健康な状態で初めて力を発揮出来る
若さを過信してはいけない
無理をする時もあるが、無理をし過ぎてはいけない

今日の初打ちでも “無理をし過ぎないように” と自分に言い聞かせながらやっていた
頭と身体がイコールになっていない状態での無理は禁物だ

心も身体も健康であることが大切だ

己を知る事が重要と感じた1日だった




同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)

声のない世界
声のない世界(2016-11-20 22:39)

苦楽喜嬉
苦楽喜嬉(2016-09-19 19:13)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。