2017年09月14日

Appreciation

日本人、アメリカ人などの人種や性別、年齢を問わず、優秀な人ほど物事の真価を認め、感謝の気持ちを素直に表す

そこに嫉妬や羨望、否定的思考、反発心、プライドなどが邪魔をしているうちはまだまだだ

コーチングや研修などで、年間数千人の受講者と出会うが、その都度ことを痛感する

優秀な人は、人の意見や考えが自分と違っていても “教えてくれてありがとう” という気持ちを必ず伝え、相手を尊重し良い気持ちにさせている

その人達同志の関係性が...





良い形で形成されていれば、この気持ちは素直に沸いてくるだろう

しかし、そこまでいっていない関係、もしくは真逆の関係ではなかなか難しい

すなわち “関係性” も重要になってくる

自分が認めている人、尊敬出来る人、好きな人の言う事には素直に耳を傾ける事が出来る
そうでない人であれば、最初から壁を創り、聴く耳を持たない

人の話をシャットアウトしてしまって損をするのは誰だろう
相手ではなく “自分”

その壁を創るのも自分なのだ

優秀な人は、それを知っている

自分が認めていない人、苦手な人の話でも否定することなく一旦は聞く姿勢を持っている
その後、受け入れるか否かは後で判断すれば良いことを知っている

“実るほど頭が下がる稲穂かな”





同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

教師とマネジャー
教師とマネジャー(2018-01-29 21:35)

Equal
Equal(2017-10-29 22:38)

乱読を止める
乱読を止める(2017-08-29 19:52)

痩せた蛇
痩せた蛇(2017-05-24 22:28)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。