2017年04月13日

カエルの楽園

カエルの楽園
登壇ラッシュも一段落し、久しぶりに学術書や参考文献ではなく小説を読んだ

“永遠のゼロ” “海賊と呼ばれた男” など興味深い作品を書いている百田尚樹氏の “カエルの楽園”

講師仲間の西川氏から薦められて随分前に購入したのだが、時間がなく読まずに置いてあったものだが、今回宮崎への出張中に一気に読んでしまった

毎度の事ならが百田氏の作品は考えさせられる

ネット社会以前であればある程度の情報操作が可能だった
現在はそうはいかない
それでもきな臭いものには目を向けさせないよう政府も努力している

しかし、これだけ近隣諸国の...





動きがきな臭いと避けられない
TV で情報が流されるという事は、それだけ緊迫していると考えた方が良い

アメリカにいた時には “何故日本人はこんなに危機感が薄いのだろう?”
同じ日本人ながら不思議に思っていた

日本に戻って来てからも、その気持ちは変わらない

何もなければそれで良い
何か起こってから準備していては遅すぎる

常に本質を見抜く力を持っていないと、自らの、家族の、関係者の安全は守れない



同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)

引越雑感
引越雑感(2016-04-04 20:33)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。