2016年11月20日

声のない世界


世の中なにが起こるかわからない

分かっていれば対応出来る事は多い
そのため、予期出来る事は事前に対応策を講じておけば回避出来る

しかし、そうは問屋が卸さない

“腰痛” には特に気を使っていた
にもかかわらず 8月は静養生活を強いられた

登壇のため 喉を傷めないよう細心の注意を払っている
しかし、登壇先の宿泊ホテルの空調が悪く ついにやってしまった

声が出ない...

こんなことは初めてだ

連続登壇の最終日であったことが...



幸いしたが、残すところあと1時間という時に声が出なくなった

それから暫く声を発しない生活が続いた

声が出ない=言葉で自分の意思を伝えられない
これは苦しい
この生活が永遠でないことを心の中で願ったりする

しかし、声を発しないことで気づくこともある

人の話を良く聴く
人も何を言いたのか耳を傾けてくれる
意志を伝える方法を考える
必要なこと以外 話さなくなる
沈黙を楽しむようになる
話せない分深く内省したり、考えたりする
人の表情や回りの様子を観察する目が養える
人の優しさを知る
声の出ない苦しみを知る

なってみないと分からないことは沢山ある
ならなくても人の痛みの分かる人でありたい




同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。