2018年04月30日

羽毛布団の販売


話しが抽象的過ぎて分からない
まるでダメな羽毛布団の販売員のようだ
何が良いのか具体的に説明してもらわないと買う気にならない

これはひとつの比喩だが、とても興味深い

この人はおそらく答えを欲している
何が良いのか? どんなデメリットがあるのか?
こうした方が良いですよ、もっと進んで、こうしなさい と言われた方が実力を発揮出来る

実はこの類の人が多いことに驚きを隠せない

人は押し付けを嫌う

しかし...




答えを欲しがる
この相反することが良くある

答えを渡すことは難しくない
しかし、同時に考える機会を奪ってしまい、その人の成長を阻害する

考えても答えが分からない人にはヒントを与える
考えることを放棄してしまった人には、考える時間を与える
より良い解を導くためには、忍耐が必要なのだ

全ての人が、自分が期待しているフィールドにいるわけではない

マネジメント、コーチング、ティーチング
その人の成長フェーズにあった付き合い方が必要

そのためには、その人のことを良く知ること
その人との関係性を良い状態にすることが大きなポイントだ

人材の育成は奥が深い



同じカテゴリー(マーケティング)の記事
キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)

決め手は人柄
決め手は人柄(2016-02-19 15:11)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。