2016年10月01日

出来るビジネスマン


“アメリカ人は働かない”

こんな印象を持つ日本人は多いかもしれない

“エコノミックアニマル” と呼ばれ、猛烈に働き高度成長を担った世代から見ると、そう見えるかもしれない

しかし、そんな時代でも猛烈に働いているアメリカ人もいた

日本も雇用形態が変わり、多様性が生まれ働き方も様々になった
そして “猛烈に働く” の意味も違ってきた

寝食を惜しみ、家庭を犠牲にして働くことが猛烈に働くことではない
もの凄く働き成果を出しているが、彼らは家庭もプライベートももの凄く大事にしている

同じ24時間の使い方が違うのだ

その昔 コマツアメリカの...






亡き中村建一元社長 から頂いた言葉を今でも忘れない

“メールの返信を見ると、その人となりが分かる。大きく分けると3タイプ。1つはすぐに返信があり、内容も的確。2つ目は、すぐに返信は来るが忙しいので詳細は後程と書かれている。3つ目は、なかなか返事が来ない、もしくは全く来ない。優秀な人ほど忙しく時間がない。しかし、必ず1のタイプに属している”

この指摘は的確だ

まず出来るビジネスマンは無駄な時間を使わない
そして、相手にも無駄な時間を使わせない
相手の立場、気持ちへの配慮が素晴らしいのだ

そのため、メールのやりとりは最小限で完了する
内容もお互いが気持ちよくなれるし、協力したいと思う

メールのやり取り1つとっても一事が万事
全てお見通しなんだよなぁ

自己研鑽を怠らず、視座を高め、視野を広げる
利他の心を忘れない

出来るビジネスマンは、ビジネスを超えて “人として” 素晴らしい




同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)

厚切りジェイソン
厚切りジェイソン(2015-05-08 23:07)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。