2016年02月19日

決め手は人柄

決め手は人柄
現在 あるプロジェクトのため 業者選考の面接をしている

“いろいろと教えてください” と面接時に伝えるのだが、その反応が興味深い
勿論 そのことについての知識、経験はあるが、その道のプロとしての対応を知りたいのだ

その時の態度は千差万別

“あれ知らないの?” 的に横柄になる人
“はい喜んで” と素直に教えてくれる人
“いえいえいこちらこそ教えてください” と謙虚な人

アメリカでは2番目の人が好まれるが、日本では3番目だろう

今回のプロジェクトは難易度もそれ程高くないため、選別にも苦労はない
しかし、難易度の高いプロジェクトでは、その人にかかる負担も大きくなる
そのため “任せて安心” な人でなければ依頼することが出来ない

能力やスキルがあっても、人間力の弱い人、信頼度に欠ける人は絶対に採用しない
問題があった時のリスクが大きいからだ

人間力の判断は難しい

最終的には...


“この人と一緒に仕事がしたい” と思えるか否か

家電量販店などの接客をイメージすると分かりやすい

どんなに商品知識があり、質問に的確に答えてくれても “この人からは買いたくない” と思わせる何かがある販売員がいる

理由はいろいろあると思うが、一番は人柄だろう

横柄だったり、必要以上に押し付けがましかったり、聞きもしない知識をひけらかしたり、他社の商品を批判したり ...

知識はそこそこでも一生懸命やっている人、自分が分からなければ素直に謝り別の人に確認してくれる人、こちらの要望を察してくれる人、対応が親切な人、笑顔、口調、物腰などが良い人から購入したいと思う

勿論人柄が良いだけでは務まらない

能力、スキル、人間力などがバランス良く備わっている人
出来ればどんなことにも対応出来る経験値の高い人

一緒に働いて楽しい人、元気になれる人、心が豊かになる人と仕事はしたい



同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。