2015年07月28日

花火? 火花?


珍しく妻が “読みたい本がある” というのでプレゼントした 
いま話題となっている “火花” だが、随分前に買って放置されていた

芥川賞受賞を機に私も読んだ

書き出しから “花火” の文字が目に付き、ずっとタイトルを “花火” だと錯覚していた

これは私だけではない

先日ランチを食べていた時の隣のテーブルでも “あの本 火花? 花火だったけ?” という会話が聞こえた。仲間内でも 50% の確率で間違えていた

これだけ話題になっているにもかかわらず、タイトルを間違えて覚えている人が多いことにも驚いた

お笑い芸人 ピースの又吉が書いた本として話題になっていたことは知っていたが、文芸春秋の文学界に掲載されていたり、他にも著書があることなど全く知らなかった

普段学術書しか読まない傾向にあったので、久々に小説を読む時間が持てて嬉しかった

Amazon のレビューを見ると面白いことを発見する

芥川賞ノミネート前は...


純粋に芸人が書いた本として感想が述べられており、評価が高い
しかし、候補後または受賞後は辛口コメントが多数混在

“本の売れない時代の宣伝” “著名人でなければ絶対に受賞はない” “これで読者層を増やそうとしている” など芥川賞を利用した出版業界の戦略と捉えたり、本、活字離れを防ぐ手段として利用されたという感想を持つ方も大勢いた

また “この見え透いた戦略のために逆に本離れが進む” と逆の視点に立った見方をする人もいた

しかし、僅か数ヶ月でこれだけのコメントが届き、賛否両論の意見が飛び交う
そういった意味でも大きな一石を投じた一冊だ

アメリカに渡ってから “言葉” や “表現” “伝え方、伝わり方” に気をつけている私としては、とても刺激のある一冊だった

意味不明な言葉の掛け合いに、不覚にも電車の中で大笑いしてしまった

恐らく読み手にとって捉え方が変わってしまうだろう表現の、その言葉の奥に隠された真意を想像し、涙を流しそうになった箇所もあった

学生時代 “言葉遊び” と称して同じモノやコトを違った表現ですることが楽しかった時代を思い出す

語彙が豊富な方が当然 表現方法が多彩となり、面白い
伝わり方も相手の立場や理解度に合わせて変える事が出来る

外国語となると余計それが顕著に現れ、ベースとなる母国語をどれだけ知っているかが重要であることに気づかされる

言葉の持つ凄さ、素晴らしさを感じることが出来た





同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。