2015年05月26日

若田光一氏の言葉


先日TVの番組で宇宙飛行士 “若田光一さん” への質問があった
“宇宙ステーションの役割、目的は何ですか?”

“未来に向けての人類の存続” と応えていた
“地球が滅びてしまっても、地球人が生きていける惑星を探すこと” が使命だそうだ

隕石にぶつかり消滅するかもしれない
太陽がなくなり地球では生物が生きられなくなるかもしれない

未来には何が起こるか分からないが、その時の準備を “いま” しておくことが重要ということ

視座が高すぎて、次元の違う話しになるが、やっぱり違うフィールドの人の話を聞くのは面白い

企業の幹部研修で...


“目的・目標” に関してのセッションをするが、企業の最終的な目的は “人類の平和” という究極的な話になることがある

しかし、宇宙で生きる人達にとっては、それさえも飛び越してしまっている

創造の限界枠を自分自身で作ってしまっていないか
固定観念に縛られていないか
自分の生きる世界を狭めてしまっていないだろうか?

大きなマインド、ビジョンを持っている人と会ったり、話を聞いたりするだけで、良き刺激となり、モチベーションアップにも繋がる

視野を広げ、視座を高める為には、自ら一歩踏み出さないと
相手からは来てくれない



同じカテゴリー(素敵な人達)の記事
態度的価値
態度的価値(2018-06-10 22:46)

蕎麦と男気
蕎麦と男気(2017-08-19 18:19)

旧友親交
旧友親交(2016-06-26 18:47)

歳の数だけバラの花
歳の数だけバラの花(2016-06-14 20:24)

大きな桃の恩返し
大きな桃の恩返し(2015-07-26 20:45)

法学部O組
法学部O組(2015-04-25 19:10)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。