2015年04月08日

オープンしました

オープンしました
娘の新学期がスタートした

親も子も、それぞれの家庭で悲喜こもごもなことだろう

私が出張から戻った時には、娘はすでに夢の中

妻から “ダディが帰ったら必ず起こしてね” と言われているので、トイレにも行かせたいので一度起こしてハグして欲しいと頼まれた

いつもは寝ている娘に勝手に話かけているだけなのだが、今回はそのまま起こしてみた

目がゆっくり開き、焦点が合うと “ダディ” と叫んで抱きついてきた

子供ながらに色々あるのだろう

翌朝 娘の作った新しいお店で...


オープンしました
沢山買い物をする約束を取り交わすと安心したようで、また眠りについた

新しくオープンした店は、なかなか画期的で、支払い窓口からお代を払うと下の小皿にお釣りが出てくる仕組み

中を覗き込むと 100円、50円、10円など釣り銭が箱の中で仕分けされている

結構考えられている

販売されているのは、自分で描いた絵

白紙の紙には 注文に“よってお好きな絵を描きます”
“価格はお客さまが決めてください” とストリートパフォーマーの要素も取り入れている

こんな事でまだまだ楽しく遊べる小学三年生

このまま健やかに育って欲しい


同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

教師とマネジャー
教師とマネジャー(2018-01-29 21:35)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。