2014年12月30日

継続する力

継続する力娘が燃えている

晦日の今日も “乗馬をやる” と乗り納めに出掛けていった

アメリカでは“バレエ” “ピアノ” “アイススケート” “乗馬” を習い、私とテニスをやったり泳いだりと色々やっていたが、日本に戻って来てからは “テニス”“スイミング” をちょっとやったくらいで、本格的にはバレエのレッスンだけしか継続出来ていなかった

本人は一番 乗馬がやりたかったようだが、日本ではなかなか環境がない

今回偶然 体験会に参加したことがキッカケで入会した乗馬クラブ

銀座の松岡先生も会員だったことを後から知り “会員紹介だったら入会金 50% Off だったのにねぇ” と少々先走ってしまった感があったが、その分 娘のやる気度はあがったので後悔はない

こんな年の瀬も迫っている日に乗馬なんてやる人は少ないだろうと思っていたら、クラブは大勢の人で賑わっていた

皆さん “乗り納め” に来たようだ

娘はアメリカで...

継続する力2年間の乗馬経験があるので、本来であればもっと上のクラスに行っても良いと思うのだが、それは日本のシキタリに従わなければならない

娘は一番下のクラスにいることにやや抵抗があるようだが、周りから見れば大人の中にたった1人だけ子供が入っているのだから、そちらの方が不自然に映っていることだろう

継続する力しかも、隣りの馬場でレッスンを受けている もう1つ上のクラスの大人達よりも上手く乗りこなしているのだから、不思議な光景だ

しかし、2クラス飛び越させるにも段取りがあるのと、娘が小さ過ぎて馬具の装着や1人で乗り降りが出来ないなどのハンディがあるため、クラブの会則からすると飛び級は難しいのかもしれない

馬具の装着や乗り降りはアメリカの時にやっていたのだが、日本では安全面を考慮して絶対にやらせないようだ

娘の性格からすると、こんな簡単なレッスンを何回も繰り返していると、飽きて辞めたくのは目に見えているが、それを見越したかのように “乗馬は続けます” と自ら断言した

それを聞いた妻もほっとしていた
娘のために乗馬用のブーツやプロテクターなどを用意した甲斐があるというものだ

“継続は力” 

クラブハウスに置いてあった乗馬雑誌に載っていたジャンプ競技のような華麗な姿を拝みたいものだ

同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。