2014年12月25日

鈴の音と共に

鈴の音と共に速いもので日本に戻り2年が経った

10月下旬だったので、今年3回目のクリスマスを迎えた

アメリカでは大量のプレゼントが大きなクリスマスツリーの下に置かれていたが、日本ではそうもいかず娘も最初の年は少々がっかりしていた気がしたが、日本のクリスマスにも慣れたようだ

今年はちょっとだけ演出に凝った

と言っても妻のアイディアなのだが...

鈴の音と共にサンタからのプレゼントを楽しみにしていた娘は早々に寝てしまったので、妻が添い寝をした時にスマホから “鈴の音色” を流すというものだ

1人スマホを片手に静まり返った 真っ暗の部屋の中で “リンリン” と音楽を流す。 歩くたびに少しだけ床が軋み “ミシミシ” と音を立てる

本当にサンタになった気分だ

隣りの部屋では妻が娘を起し “サンタさんが来たみたいだよ” と声をかける

鈴の音と共にそんなことをしたら好奇心の強い娘は覗くのではないかとドキドキしていたが、流石に母は娘のことを良く知っている

“臆病者だから絶対に出て行かない” 
との言葉通り、本当に怖がって出てこなかった

怖がったのはサンタ自身なのか、見てしまったらプレゼントがもらえないと思ったのかは定かではないが...

翌朝 “ダディ 昨日サンタが来た時 鈴の音聴いた?” といきなり質問してきた
“聞いてないよ” ととぼけると... 
“おかしいなぁ 鈴の音が消えた後すぐにダディがトイレに行った音がしたんだけど”

なんて鋭いツッコミ
確かに寒くなってしまって不本意ながら直後にトイレに行ってしまったのだ

そこをうまく妻がカバー “ダディが起きたのに気づいてサンタさん出て行ったんじゃない?”
素晴らしいフォローだ

“じゃあ もしかしてプレゼントも置き忘れたりして...”
これまた鋭いツッコミ

本当はサンタは誰だか知っているのでは...

イヤイヤそんなことはない
サンタに手紙まで書いていたからなぁ

何はともあれリビングに置かれていたプレゼントをみつけ大興奮

グランマ&グランパから頂いたラジコンカーの他、リモコンで動くロボット、妖怪ウォッチの縫いぐるみ、3DSのソフトなどなど

最近の小学生女子はラジコンカーやロボットなど男の子っぽいものが好きなようだ
益々肉食系増長傾向にある
鈴の音と共に
そして、我家恒例のクリスマスに寿司と苺のショートケーキ

今年も素敵なクリスマスを過ごす事が出来た
皆様に感謝☆

同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


この記事へのコメント
家の演出は、
娘がサンタさんにクッキーと紅茶を用意しておく。
エルクがぽりぽりと飲み食いして食べこぼしておく。
サンタさんからのお礼の手紙を残しておく。
でした。懐かしい日々の1日です。
Posted by エルク at 2014年12月26日 18:29
エルク ありがとう☆
エルクサンタ 頑張ってますね
我家も実はクッキーとミルク&手紙 やってます
クッキーを食べるのは妻ですが...

同じ誕生日だし、娘への対応の仕方も似ているし、我家のお転婆娘も将来エルクのお嬢様のような素敵な娘になれるといいなぁ
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2014年12月27日 01:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。