2014年10月13日

シカゴの親友

シカゴの親友2年ぶりに娘の親友 レイチェル & ファミリーと再会

家族ぐるみで仲良くお付き合いさせて頂いていただけに、2年間のブランクも瞬間でなくなった

娘とレイチェルは会った途端に駆け寄りハグ
レストランで待ち合わせしたが、受付のクラークもその光景に思わず笑顔

子供は食事もそっちのけで、おしゃべりに夢中
アメリカ英語で会話出来るのが凄く嬉しいようだ

大人同士も近況を報告しあい、その後は話題も多岐にわたった

オバマ政権の話、学校教育の話、子供の成長の速さに驚く話など、話は尽きない

興味深かったのは...


アメリカの義務教育が日本のゆとり教育を追い始めたということ

日本で失敗した事例を何故アメリカが追うのか?
バブル崩壊を追い、リーマンショックや不動産バブルを招いた失策に反省はないようだ

シカゴの親友その為 学校教育だけには任せていられないと考える親たちは、日本と同じように家庭教師をつけたり、塾に通わせたりしているらしい

レイチェルも公文に通わせているという

楽しい時間はあっと言う間に過ぎていき、近日中の再会を約束し解散

大切な友達は時間も距離もあっという間に埋めてくれるのが嬉しい

同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。