2014年08月04日

コーチのベクトル

コーチのベクトルテニスのコーチが変わってから急激に参加メンバーが減少した

私自身も別の曜日に振り返る日が多くなっている

週末が登壇などで塞がってしまい、テニスが出来ないということもあるが、
少々欲求不満になっていることもある

ストレス発散のためにやるテニスで欲求が満たされず、逆ストレスになってしまうとは本末転倒

何故このような事態に陥ったのかというと “コーチに満足していないから”

コーチの指導方法、ベクトルがクラスに合っていないことがメンバー激減の最大の理由だ

例えば...


“泥臭く球を拾い続けて相手のミスを誘い 取ったポイントも同じ1点” という指導をする

確かにその通りなのだが 我々のレベルのメンバーは、そんなことを求めてはいない

“攻めてポイントを取る” ということに対してのモチベーションとその練習がしたいと思っている
中級者レベルの練習をいくらやっても欲求は満たされないのだ

また、コーチと一対一のレッスンの機会は新しいコーチになってから、ほぼ無くなった
しかも、ワンポイントアドバイスもない

メンバー同士で話していた時に、この話題になり “コーチ自身が一対一では役不足” といった意見が出た

コーチのレベルがメンバーのレベルを下回ってしまっているという評価を受けてしまったのだ

レベルの高いコーチが下位クラスを観る事には大きな問題は生じないが、低レベルのコーチが上位クラスを受け持つには無理がある

こうなると このコーチに代わってもらうか、メンバーが別のレッスンに切り替えるしか方法はない

このことはスポーツコーチング以外のことにも当て嵌まることだ

適材適所 そのクラスにあったコーチをつけることも、スポーツクラブ運営のマネジメントだ
さぁ どうなることやら...

同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。