2014年04月03日

年齢制限

年齢制限日本の生活にも随分慣れたので、スポーツクラブでのテニスレッスンだけではなく、地域のテニスサークルにでも入会してみようかと考えていた。

幸いすぐにご紹介頂き、早速コンタクトを取ってみた。

数日後にこのサークルの代表者から連絡があり、体験会の前に自己紹介をしろという内容のメールが届いた。

この時点で “おやっ” と思ったが、信頼している人の紹介だし、メールの返信がすぐに来なかったのも忙しい人なのだろう、自己紹介も決まりなのだろうと良い方向で考えた。

女性は大歓迎だが、男性は良い人がいれば と書かれていたのも気になっていたが...


10 項目くらいある自己紹介をわざわざ書いて送ったら、何故かこの時は早々返信があり “書かれている項目毎に埋めて再送信しろ” と言う。

それだったら最初から自己紹介と言わずに 下記項目を埋めろと言えばいいのに...

この時点でかなり不信感は募っていたが、ここまで来ると出さないのも不自然だし、紹介者の手前のあるし...

この考え方、遠慮がちょっと日本人ぽくなっている自分に気がつく。

そして “体験参加の希望日が決まれば連絡せよ” とのメールに希望日を書いて返信したが またしても無しの礫

催促をすると “別の人と間違えていたようだ” と書かれたメールが届く。間違えていたようだって貴方が間違えているんだろう。表現が言い訳じみていてトップに立つ人間としては最悪の対応だ。

希望日を書いたのに対して 時間、場所の連絡がないことなど、無駄なやり取りが多く、代表を務める人材ではないことがはっきりと分かる。

典型的なダメリーダー像を目の当たりにするとリーダーシップ研修の受講を勧めたくなる。

しかし、この代表者はそれ以前の問題を抱えていた。

“いま気付いたのですが 年齢が規定を超えていますので、入会は認められません”

えっえ~ 本人と会うこともなく年齢で入会拒否。アメリカだったら訴訟騒ぎに発展しかねない問題発言。

しかも表現が失礼極まりない。

このような人が代表を務めていては、入会したところで先行き不安だ。
お断り頂きかえって良かったが、これでは紹介してくれた方の面目丸潰れ。

幸い私と紹介者の方の信頼関係は崩れることはなかったが、恐らく今後誰も紹介することはないだろう。

私もここは大人の対応をすることに決め、代表者には何もしないが、ここ数日このブログに書いた “怒らない人”  “受け入れる心”  を実行するのも大変だと改めて感じた。

ストレスが溜まらない人間だと思っていたが、日本にいるとストレス溜まるなぁ

同じカテゴリー(地域コミュニティ)の記事
警察官とお客さま
警察官とお客さま(2018-02-10 23:35)

お祭り騒ぎ
お祭り騒ぎ(2015-08-30 22:47)

無人駅
無人駅(2015-04-05 01:43)

ポップな盆踊り
ポップな盆踊り(2014-08-31 22:10)

万亀
万亀(2014-05-23 23:06)

CGC と春コート
CGC と春コート(2014-03-25 22:44)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。