2014年03月24日

ストレス砂漠

ストレス砂漠ストレスがないんですか?

先日の研修でそんなことを言われた。

“何故そんな質問をするのか?” と尋ねたところ “先程の質問に躊躇することなく淀みなく応えていたから” と返答があった。

その質問とは あることをイメージしながら “どうなったら良いと思いますか?” という同じことをずっと問い続けるというもの

その質問に応えるためには “あるモノ” をイメージする必要があるのだが、多くの場合 それが途中で途切れてしまい回答に行き詰ってしまったり、考える時間が長くなったりするのだが、私はそれが全くなかったという事になる。

それだけ充実した生活を送っていたらストレスはないのではないか? と感じたらしい。

勿論私にもストレスはある。

自由の欲求が一際強い私は...


真っ直ぐ、自分の思った通りに歩けない東京駅構内を抜け事務所やミーティング、研修会場に向かうだけでもストレスになる。

先日は久しぶりにラッシュ時の満員電車に乗った。

痴漢に間違われて冤罪の濡れ衣を着させられないように注意したり、見知らぬ人の顔が超至近距離にあったり、身動きが取れない状態で電車に揺られながら毎日通勤することを考えたら大変なストレスだろう。

そこにビジネス上の問題、金銭の問題、健康の問題、家族の問題などなどが犇めきあいながら押し寄せて来たら大変なストレスになる。

大都市東京に生活していると 時間が驚く程速く過ぎていく。

群れからはみ出すと不思議な目で観られる。人の言動に注意し、他人の目を気にしながら自分らしく生きられない。意味のないことに一生懸命になり、貴重な時間とエネルギーを費やす。

治安は決して良いとは言えず、物価も安くない。花粉は飛び交い、地震は頻繁に起こる。

東京は便利で刺激的な街だが、決して住みやすい街とは言えないだろう。
この街で生活してストレスがゼロというのは、なかなか難しいのかもしれない。

しかし、大切なことは そのストレスを溜めないこと、そして発散する術を知っていることだ。

私にとってのストレス発散方法は “家族との時間” “テニス” 

この2大発散方法により 随分助けられている。 

同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。