2014年02月24日

抱えているモノの大きさ

抱えているモノの大きさ中学時代の友人 松岡君とミーティング

彼は銀座で歯科医をやっている。

もともとは医師になる気は全くなく、大学で研究していたかったと言っていた。

子供の頃から知っているが、そんな事を考えていたとは露知らず新鮮な驚きだった。

“何故歯医者になったのか?” の問い掛けから始まった話から、彼の半生をゆっくりと語ってくれた。

最後に “半世紀以上生きていれば、皆其々抱えているモノがあるよね” と締めくくっていたが、本当に色々とあったんだなぁ と会えなかった時間に波乱万丈の人生模様があったことを知った。

娘の歯のことも尋ねると...


“いつでも気軽に訪ねて来てよ”  と言ってくれる。

超多忙な人気医師にもかかわらず、優しい言葉を掛けてくれるのが嬉しい。

学生時代からの友人というのは良いねぇ

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。