2014年02月01日

虫歯退治

虫歯退治娘の歯に虫歯らしくものがあるという事で歯医者に行った。

アメリカでは定期的に検診していたので、大きな問題になったことはなかったが、今回の虫歯治療は痛いのと怖いので泣くのではないかと予想していた。

娘自身も日本に戻り初めて行く歯医者にドキドキしているようだ。

普段は元気な娘だが流石に歯医者に到着すると緊張している...

と思ったら 何だか楽しそうだ。

そうは言ってもまだ7歳 
名前を呼ばれるとリュックの中からポケモンの縫ぐるみを出し、抱えながら診察室に向かった。

歯科衛生士のお姉さんとは...


虫歯退治随分リラックスした雰囲気でチェックしてもらっていたが、いざドクターがやってくると少々緊張気味。顔では笑っているが、手と足が完全に突っ張っている。

結果としては虫歯だったのだが、甘い物を食べ過ぎたとか、歯磨きが悪かったためのものではなく、永久歯に挟まれた乳歯が軋轢に耐えられず欠けてしまったところが虫歯になったようだ。

従って今回の治療で詰め物をしても、また圧が掛かれば取れてしまうので何度か様子をみながら治療していかなくてはならないようだ。

娘は同年代の子供より早く永久歯が生えてきている。

他の歯に影響がないか、永久歯が問題なく生えているかをチェックするためレントゲンを1枚だけ撮った。

まだ生えてきていない歯も含め 14 本全ての永久歯が生える準備をしているようで、特に問題はない。
との事だったが...

上下の歯の噛み合わせがセンターで一致しておらず、矯正の必要性があると指摘された。

虫歯治療に出掛け、全く違うところに問題が発見された。
ビジネスでも同様 違うところに隠れている問題を見逃してはいけないのだ。

矯正に関しては専門医が大学病院から来る日程に合わせて、無料の相談が受けられるというので早速アポイントを取った。

デンタル IQ の高いアメリカに居たこともあり、歯に対する意識の高い妻。
サンタは信じていないかもしれないが、Tooth Fairy のお陰で妖精は信じている娘。

そんな娘の将来のためにも出来る限りの対応をしてあげたいと思う。

同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。