2013年10月28日

壁に耳あり

壁に耳ありファシリテーターは “傾聴” がポイント

また、マーケティングは感度の鋭いアンテナを張り、最新の情報収集が重要

などと大義名分を語っているが、好奇心旺盛な私は偶然隣り合わせた人の会話に耳を傾ける癖がある。

それが興味深い内容の時は楽しくなる。勿論耳を塞ぎたくなるようなくだらない話が大多数だが。

今日も時間外れのランチを食べている時に、私の左となりに若い2人の男性が入って来た。

1人はビシッとスーツに身を包み、もう1人は...

お洒落なデザイナー風。そして昼にも関わらずビールで乾杯をしだした。

何気なく耳を傾けると “良かったぁ これで軌道に乗るね!” どうもアプリ関連のベンチャー起業家のような会話内容だ。顔を見たことはないが、もしかすると素晴らしい業績を残しているのかも。

などと思っていたら、今度は右側にどうみてもクラブのお姉さんとパパ風男性が入ってきた。

“今月は儲かった。ほら見てごらん” とおもむろに財布を開け札束を見せる。
直後に数枚抜いて “お小遣いあげるよ” とテーブルの上に差し出す。

“わぁ 嬉しい。今月ピンチだったんだぁ” 

“あんまりケバケバしい服装は嫌いなんだ” “会う人によって換えてるよ” これ間違いないなぁ..

“今月は1億は儲かったなぁ いや、6千万か” 差がありすぎるだろう...

“来月はお休み。でもアパートを5棟買ったから、休めないかな” 何故マンションじゃないんだ...

“ねぇ パパは最初からお金持ってたの?” やっぱり...

“マイナスだよ 1億円のマイナスからスタートしたんだ” 1億が好きな人だ...

“ママはあまり働き過ぎて身体を壊すなと心配してくれるけど、いま頑張らないとね” どうやら本物のパパ(親子)だったらしい...

こんな会話を聞きながら食べる、ここのまかないチラシは絶品なのだ。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。