2013年10月13日

終の棲家

終の棲家半世紀を越えると 色々と超えなくてはならない問題が噴出してくる。

子供の問題、親の問題、仕事のこと、健康のこと 諸々抱えている人が多く、皆それを乗り越えて頑張っている。

私もご多分に漏れず同じような問題を抱えている。
その中の1つ 母親の今後に付いて いろいろと考えていたが、1つの結論に達した。

介護施設のある高齢者住宅なども探したが、結論として自由気ままに生きてきた母にとって、大勢の人達との共同生活は無理だろうという事となった。

そのため 最も住みやすい環境を作ってあげるのが良いだろうということで...


駅から徒歩5分 兄の自宅からも10分程度 見晴らしが良い物件を見つけ、室内を高齢者向けに改築。介護が出来る人を雇うということとなった。

今日その物件の内装を確認してきた。現在の家具や家電が入るか、新しく購入するものは何かなど 妹があれこれ面倒を見てくれているお陰で随分とスムーズにいった。

大きな病院も近くにあり、駅前には大手スーパーもある。
環境的にも今住んでいるエリアとも大きな違いがないので、友達との距離も変わらない。

駅ビルの中で食事を済ませ、食後のデザートを食べながら引越しなどの話しをしていても心配よりも明るい未来に向けての楽しみの話が大半を占めた。母親自身が気に入っているので安心した。

新しい環境に慣れるまでは注意が必要だが、高齢でありながらも好奇心旺盛なので大丈夫だろうと思っている。

これからの人生を楽しめるよう 最大の努力をするのも子の役目だ。
タグ :高齢者住宅

同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。