2013年09月06日

蛇口を何処に付ける

先日ある起業家の方々と食事をした。

それぞれの分野で成功され、ご活躍の方々だけに、話は奥が深く面白い。

そこでこんな話が出た。
“現在このような案件を持っているのですが、何方かご紹介頂けますか”

ビジネスの世界では良くある会話だ。

“ご紹介は出来ますが、何処に蛇口を付けるかが問題ですね”

“蛇口を何処に付けるか?” すなわち...

自分達が利益を何処で取れるか? ということだ。

私がまだ30代の頃 あるメンターに言われた一言は今でも忘れない。

“私は紹介はするが、仲介はしない”

だから後は自分の実力で勝負しろ という事だった。その当時 多くの人達が紹介ではなく、仲介をしてきた。ビジネスの商材が面白ければ面白いほど、そのビジネスに絡もうとしてきた。

ビジネス成功のコツがあるとしたら、その1つに “シンプル” が挙げられるだろう。

人が絡めば、それだけ複雑化してくるのは道理。
モノの流れにしろ、お金、人の係わり合いも幾重にも重なっていく。

日本の流通システム同様 安いものでも高くなる。

これでいくつビジネスチャンスを潰されたことだろう。

今回のメンバーは、上記の仲介とは意味も次元も違い その人の事を思い 単なるボランティアにならないために “何処に蛇口を付けるのが良いか” と言ってくれたものだ。

この蛇口の付け所を間違えると、仲介になってしまったり、逆にボランティアになってしまい、ビジネスとしても上手くいかなくなるという事だ。

蛇口の付け所は、業種、年齢、置かれている状況などによって其々違ってくる。

“紹介はするが仲介はしない” このメンターは既に他界されたが、いま思っても素晴らしい人だったと、再認識させてもらえた時間だった。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。