2013年08月31日

そもそも論

そもそも論企業研修の講師、ファシリテーターをやりながら、自問自答をする機会を自ら創るようにしている。

今回は “そもそも論” 存在目的を考えるというテーマを取り上げよう。

“もし我々の会社がなくなってしまったら、社会にどのような影響を与えるか?”

こんな大それたテーマは、大企業でもなかなか回答に窮するだろう。

それを少し答えやすくするために、質問を変えてみる。

“なくなってしまったら、どのように 困る と言われたいか?”

我社がなくなっても別の競合他社がその穴埋めをしてくれるから、社会にとっては一時期影響があっても大きな問題にはならない。それが社会というものだ。

もし、このように考える企業幹部がいたとしたら...

その企業の前途は決して明るくない。

その発言の裏には、自社に対する自信、プライド、理念など複雑に絡まった感情のなかで、ある種諦めに近いものをもっている。

もしくは、他社が埋められるマーケットしかないということは、差別化が出来ていない。
いずれは価格競争を強いられ破滅していくしか道はない。

このような企業が生き残れる時代ではなくなっている。

同じ質問を個人にしてみよう。

“あなたがいなくなったら どのように 困る と言われたいですか?”

この答えは1つではない。

“誰に” によって答えは変わり、幾つでも出てくるだろう。

人には “生きるために” “誰かのために” “何かのために” 必ず存在意義があるのだ。

同じカテゴリー(アメリカ 起業)の記事
恩返しの有効期限
恩返しの有効期限(2019-12-01 20:44)

“Challenge !”
“Challenge !”(2019-01-01 22:14)

断捨離と3ない主義
断捨離と3ない主義(2018-10-06 18:45)


この記事へのコメント
今回の内容は、自分の存在意義を探していた時期だけに心に沁みました。
今のイギリス出張が終わればそのまま東京に2~3週間滞在します。9/18~)
晩御飯食べに行きませんか? 誕生日パーティー。
Posted by えるく at 2013年09月04日 12:22
エルク

コメント有難う。

イギリスから東京...
相変わらずご多忙のようですね。
無理し過ぎて体調など崩さぬよう気をつけてくださいね。

勿論 2ヶ月遅れの誕生会 喜んで幹事役勤めさせて頂きます。
バイソンも その時期東京出張とか予定しないですかねぇ
詳細はメールしますね☆
Posted by UNI-CON at 2013年09月04日 19:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。