2013年07月26日

カズとヒデとホンダ

カズとヒデとホンダ昨晩 寺島社長赤坂のスペインバルでザックジャパンの試合観戦をしながらワインを飲んだ。

彼と飲むときは心よりリラックスし、美味美酒に心底酔う。

てっきり野球ファンだとばかり思っていたが、サッカーも大好きなようだ。

得点を決め歓声があがる度に “いま決めた斉藤はドリブルが上手いんだ” とか全く無知な私のために解説をしてくれる。

昔の日本人選手はサッカーに限らず、先制逃げ切りは得意だが、逆転勝利をするようなメンタリティが乏しかった。いまの若手選手は “なでしこ” さながらその辺が強くなってきた。

そんな感想をポロリと告げると...


“いまの若者の良い点でもあり、どうかと思う点でもある” と想像と違った反応があった。

どうやら礼儀だったり、マナーも含めて若手選手の総合判断をしているようだ。

現在 “日本のサッカー選手の中で誰が優秀なのか?” と質問すると “本田は良い” と即答。

先般のインタビューで “日本の強みはチームワーク” 海外チームは個人レベルでは相当高い選手がたくさんいるが、チームとしては未熟なところがあり、そこが日本が勝つためのチャンスだと言う発言を高く評価していた。

“じゃあ 中田と比べたらどうか?” と “アリとタイソンが戦ったらどっちが勝つ” という時代を越えたツワモノを戦わせて喜ぶアメリカ人のような質問をしてみた。

“技術的にはヒデの方が高いと思うが、ファッション的な方に行っちゃったからなぁ” と本田贔屓だ。

“じゃぁカズは?” と本当に “アリとタイソン” になってきた。

“カズが今のサッカーを盛上げる立役者だったことは間違いない。それをヒデが伸ばし本田に繋ぐ。野球で言ったらイチローが持て囃されているけど、野茂がいなかったらイチローはメジャーに行けなかったかもしれない。でのその前に村上がいたんだけどね”

この人の知識は底知れずだ。

最近マネージメント研修をする時に 信長、秀吉、家康のトピックスが良く出るが、いつの時代もマーケット創造期には、それぞれの役割があり、時代背景があり、どのジャンルにも共通項が存在する気がする。

仕事を離れ、古くからの友人と語り合い、酒を飲む。日本に戻ってからの最大の楽しみの1つだ。

同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。