2013年07月21日

ねじれ改修

ねじれ改修参議院選挙に家族で行ってきた。
家族で選挙に行くのは、日本に戻ってから2度目。

今回の選挙はインターネットを使った選挙運動が初めて解禁された選挙だけに、低迷する若い世代を中心に投票率上昇を期待しているが、そう簡単に政治離れしている層を引き戻すことが出来るとは思えない。

人や何かに興味を持つきっかけは、人其々、方法もまちまちだ。

今回たまたま街を歩いていた時に、駅前で鈴木宗男氏が選挙演説をしていた。

演説の内容はさておき、特徴ある声は彼の強みだ。全く知らない人よりは、ちょっとでも見かけた人、握手をした人、話した人などで強い印象が残り興味を持つ。

ネットの活用は、今後の課題となろうが、政治家がコツコツと有権者に訴えかけ、選挙基盤を固めていく地道な作業も重要な意味をなすと感じた。

ご存知の通り...


参議院議員の任期は6年 3年ごとに半数を改選する。衆議院と違い解散がないため、今回の選挙で当選すれば最低でも6年間の職は保証される。

そういった意味では 衆議院議員を選出するときよりも、しっかりと吟味し、より政治家に相応しい、そして日本を良き方向に導いてくれる先導役となりうる人物を選ばなければならない。

選出された議員は、この6年間を私利私欲で過ごすか、真剣に国を想い政治に専念するかによって大きな違いとなる。

“良識の府” とも呼ばれる参議院 日本の将来のために大いに期待したい。

以前アメリカの選挙に関してレポートしたが、4年に1度 オリンピックと同じ年に開催される大統領選挙は1年をかけて闘う。

政治家だけでなく、事務方も全て総替りするアメリカの選挙は必死だし、政治に対しての強い意志を感じる。

現在日本の国会では、衆議院は自民党を中心とした与党が過半数を越えているので、法案や決議案を通しやすい。しかし、参議院は3~6年前の議員選出だったこともあり、民主党が過半数を占めている。即ち衆参両院で与野党が逆転しているという “ねじれ” が生じていたわけだ。

今回の参院選挙で自民党は圧勝し、ねじれは解消されるだろう。

問題はここからだ。

安倍首相は、今回の参院選での “ねじれ解消” を待っていた感がある。
これからが本領発揮というところだろう。

この勢いのある間に 日本の政治家のねじれ意識も、社会の歪んだねじれ構造も解消して欲しい。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。