2013年07月18日

ハプニングを乗り越えて

ハプニングを乗り越えて娘のスクールの夏休みに合わせ、少し早めに家族旅行を楽しむ事にした。

と言っても、義父母が全て計画してくれているのだが。

向かった先は “那須高原”

義父母の娘 私の妻が子供の頃 良く遊びに連れて来てもらった懐かしの地に、孫となる私の娘を連れて行ってくれるという嬉しいプラン。

片道3時間の道のりを義父1人が運転。隣りで日本の運転免許を持たない私は、恐縮しながらも不覚にも居眠りまでしてしまった。後ろを振り返ると3人娘(義母、妻、娘)は全員 爆睡中。

そんなこんなで...


ハプニングを乗り越えて南が丘牧場に到着。不義理な行為は一切忘れ みな元気に濃厚アイスにカブリつく。これがまた凄く濃厚で、ミルクが苦手な妻は一口でギブアップ。

その後、動物と触れ合ったり、ニジマスやジンベイ鮫に餌をあげたりと、童心に返りだす。娘は念願のウサギとの時間が持て大喜び。

ホテルでは巨大なティディベアーがお出迎え。家族5人が全員入れるスウィートルームを予約してくれていたので、これまたリッチなバケーションのスタートとなった。

ハプニングを乗り越えて泳ぎが大好きな娘は “プール プール” と大騒ぎ。大人が寛いでいる間に準備を済ませ、まずは私と2人でプールにGO!

新学期が始まればスイミングの授業もあるので、今までの自由気ままな水遊びから、自発的にクロールを学ぶ姿勢が芽生え、泳ぎを教えることにした。

もともと水に対する抵抗もなく泳ぐことが大好きなだけに、飲み込みも速い。

ハプニングを乗り越えて少しクロールっぽくなってきた頃、義父母と妻もやってきた。

娘が楽しそうに泳ぐ様子を観ていた妻が “ダディの潜水が観たい” というので、娘に貸していたゴーグルの長さを調整し、良い所をみせてあげようと意気込んでいた。

ふと見ると娘がいない....

先の方を見るとビート版が右の端に流されており、娘は一人でバタバタしている。水深140cm 娘の身長は 120cm 

これ溺れてる !?

見学している誰もが、監視員も含めて その様子に気付いていない。

泳ぎが上手な娘だけに、みな安心しきっているのだ。

私は慌てて娘の近くに泳いでいこうと思ったが、これは陸にあがり走った方が速い。
プールサイドから娘に声を掛けたとき、娘は私を見て笑顔を向けた。

その光景があまりにも健気... 本人は相当不安であったに違いないが、心配をかけさせたくないという思いがそうさせたのだろう。

娘の近くに飛び込み救い上げると “吐いちゃったぁ” と一言

相当水を飲んでいたようで、溺れる直前だったのだ。
ほんのちょっとした油断で人は溺れ、最悪のケースでは死に至る。

その恐怖を知っている人間にとっては、今回の件は驚きを隠せないばかりではなく、猛反省。
そして何事もなかったことに対して感謝。

本当に良かった...

娘にそのことを言うと心配して水を怖がってしまうといけないので、あまり触れないように その後も水遊びを楽しんだが、やはりちょっと恐怖心は芽生えてしまったかも知れないなぁ

ハプニングを乗り越えてプールからあがり、皆で温泉に浸かり、美味しいディナーを食べた。

食後には、フロント前のパーティスペースでギターの弾き語り演奏を聞きながら、カクテルを飲むという粋な計らいに大人達は大満足。

最後の2曲はオーディエンスもダンスに参加するなど、大いに盛り上がった。

ハプニングを乗り越えてふと見ると娘が中心で踊っている。

この辺はアメリカ育ちのお陰か、全く物怖じしない。それどころか、アーティストを喰ってしまった感があるほど、観客から拍手をもらっていた。

ステージ終了後に “アメリカから帰ってきたの” と挨拶すると、英語でずっと話してくれた。
娘にとっても素敵な思い出の開幕だ。

ハプニングはあったものの 久しぶりの温泉旅行 
満喫するぞぉ

同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。