2013年07月11日

話題転換法

話題転換法“あーいえばじょうゆう” と言う言葉が流行った。

彼と議論しても拉致があかない。

天才的な才能が間違った方向に使われてしまったのは、とても残念。

彼との議論が何故拉致があかないか。

それは次々に話題が転換され、時に摩り替えられ、結論を導き出すのに膨大な時間を要するようになり、挙句は結論の出ない議論に持っていかれる。特異な才能だ。

どうも橋下氏を見ていると上悠氏に被る。

ある立場以上の人になると...


その発言に責任を持たないといけない。
自分が思っている以上に影響力もあり、日本だけではなく世界まで巻き込む可能性がある。

国政に関わる仕事をしている人は尚更。
その不思慮な発言により国益が損なわれることだってある。

本人の資質もあるが、マスコミも煽り立て過ぎていて大いに問題がある。日本の稚拙なマスコミは売れれば何をやっても良い的風潮に流され、本来マスメディアの持つ使命を果たしていない。

世を動かすだけのことをやろうと思えば、賛否両論あって当然なのだ。悪いところだけをクローズアップし過ぎれば、観ている人達の思考にも影響をおよぼす。

また日本に必要な1人の才能を潰さないようにして欲しい。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。