2013年06月21日

ファシリテーター

日本に戻ってからアメリカの会社オペレーションの他、海外進出企業のマーケティング、コンサルティング、講演などに注力してきたが、今回ファシリテーターとしての仕事が1つ加わった。

ファシリテーターは最近日本の研修の場などでは良く耳にするが、一般の中ではまだまだその認知度は低く、その名を聞いてピンとくる人は少ないようだ。

それでも調べてみるとファシリテーションスキルを身につけるためのコースなどは山ほどあり、資格認定まであるというから日本人の資格好きにも驚かされる。

今回コーチングの研修にファシリテーターとして参加したが...


コーチングというもの自体もまだまだ日本社会の中では成熟していない。恐らくカウンセリング、コンサルティング、NLP、ティーチングなどと明確な区別が出来る人は少ないだろう。

今回の研修では、コーチングを “特定の成果に焦点をあてて、支援者として行う総合的な活動” と位置づけた。

コーチングとは元々 馬車を意味するコーチ(COACH)から由来している。馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」を指すようになった。

先般1961会で “ワールドカフェ”  をやったが、新しい出会いで諸々なトピックスに関して意見交換したり、傾聴することはとても楽しい。

ファシリテーターの仲間から “日本にずっといる日本人との違いを感じる” と言われた。それが何かは明確に言ってもらえなかったが、それは一種の褒め言葉であるととらえよう。

彼はまた “Good Nature を大切にしている” とも言っていた。
その人が本来持っている自然なものを活かす。

素敵な言葉だ。

同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。