2013年06月01日

インターナショナルバザー

インターナショナルバザー娘のスクールのバザーがあった。

子供達が考えた輪投げや宝探し、金魚すくいなどの遊びとカレー、スナックなども出店された。

また、子供達が練習した歌やダンスが披露され、プロのダンス、和太鼓、創作風船、フラフープなどのパフォーマーによる演技もあった。

ダースベーダーが現れたり、野球チームのマスコットが登場したりとなかなか楽しく、日本の縁日と学芸会が一緒になったよう感じで、校内は大勢の人で賑やかだった。

我家の向いにある公立の小学校では運動会が開催されていた。最近の運動会は...


インターナショナルバザー天候の関係もあり、10月ではなく5月にやるところも多いらしい。

固定観念があるといけない。常に時代の流れに順応していないと置いてきぼりを喰らう。

娘のスクールはまだ新しいこともあり、最初の年の運動会はまるで身体測定のだったと教えてくれた。

次の年には玉入れがあったが、使われて玉がテニスボールだったので、子供達が玉を投げては逃げ回っていたらしい。 想像すると笑える。

インターナショナルバザー今日のバザーも色々と目をつぶらないとならない点はあったが、楽しかった。
ようやくここまで来たという感じなのだろう。

娘も大いに楽しみ、最後の太鼓パフォーマンスの時などは、一番前に陣取り、挙句の果てには立ち上がり踊りだす始末。相当楽しかったようだ。

太鼓パフォーマンスの演者が言っていたが 1+1=3  

一人で出来る事は限られているが、皆で協力すれば素敵なことが出来る。


同じカテゴリー(地域貢献)の記事
ちょっと良いこと
ちょっと良いこと(2014-08-12 23:28)

お国柄メニュー
お国柄メニュー(2014-05-22 13:11)

心の支え
心の支え(2013-10-25 20:01)

アメリカ的思考
アメリカ的思考(2013-07-02 20:42)

ジョン万次郎
ジョン万次郎(2013-05-09 22:05)


この記事へのコメント
お早うございます♪ 小坂さん(^O^)

玉入れが…テニスボール…斬新すぎで
朝から、笑わせていただきました。


双子たちの小学校初めての運動会のことです。
私は、やる気満々で見に行ったのですが(笑)
保護者のでる種目は、玉入れのみ。

え~!!と驚くのも束の間、
事前に参加保護者は決まっていたらしく、
あっという間に、玉入れ終了。

生徒さんたちの活躍は、いい思い出になりましたが、
親子で楽しんだり、保護者が本気で競技に参加したりするのが
子どもたちの心の成長の栄養になるのですけどね…。


教室でする勉強も大事ですが、
室外や校外でのお勉強は、自然と、人と人との関わりからでないと
学べないものが多いのでは?

教科書がない勉強こそ、人間力を磨くことにになり、
学力UPに繋がることも、多いと思います。


才能や能力を伸ばすことと同時に、
人間力を育てる教育を望みます。


今年度、娘たちが通う小学校のPTA活動に
『 色育 』の講座を、取り入れていただけるようになりました(*^^)v

他県ですが、小学校の授業に組み入れているところも
多くなってきているようです。

継続は、力なり^^




パワフル双子ママ園長より
Posted by ベビーさろん かしの木 at 2013年06月02日 08:36
双子ママさま

いつも暖かいコメント有難うございます。

確かに親子や友達との触れ愛、教科書のない学びが人を大きく成長させることってありますよね。

色育の講座が取り入れて頂いたとのこと。おめでとうございます。

皆がやれることを1つづつ、着実にやっていれば、いつか世界は変わります。

これからも宜しくお願いします。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2013年06月02日 21:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。