2013年05月05日

鋼鉄婚式

日本で初めて迎える結婚記念日

11年前の今日 最愛の人と二人で区役所に出向き婚姻届を提出した。

アニバーサリーの苦手な私でも、この日を忘れる事のないようにと 5月5日の子供の日にした。

国民の祝日のため 当然区役所も休みだったので一瞬ヒヤリとしたが、休日でもちゃんと婚姻届けは受理してくれ我々二人の入籍が認められた事を今でも昨日の事のように覚えている。

忘れないようにと子供の日を結婚記念日にしたのは良かったが、子供が出来てからは “今日は子供の日だよね” と必ず言われるので、私にとっては妻&娘孝行の日となっており喜びも2倍だ。

数日前から娘と二人で “5月5日は子供の日なんだけど、マミー&ダディの結婚記念日でもあるんだよね。だから二人で早起きしてマミーにお花をプレゼントしない?” と相談していた。

“家族の中で隠し事はしない” 約束をしているので、娘と一緒だとサプライズは出来ないと覚悟はしていたものの...

案の定 妻と娘の会話を盗み聞きしていると “マミーはスイートピーの他にどんなお花が好きなの?” “イヤイヤ別にプレゼントをするってわけじゃないよ” “ダディとの約束だからこれ以上はいえないんだけどね” 

やっぱりバレバレだぁ

それでも朝から早起きして二人のために “ダディ マミー おめでとう!” の文字とバージンロードを歩く二人の絵を描いてプレゼントしてくれた。

花束はバレバレになっていたが、ディナーを食べている時に何の花が好きなのかを確認したところ “アメリカの家の花壇に植えたベルフラワーが好き” という答えをもらった。

ベルフラワーなんて日本にあるのかな? と思っていたが、驚く事に1鉢だけベルフラワーがポツンと置かれていた。これにはビックリ。

11年間 付き合っている期間も入れると17年間も仲が良く、娘が産まれてからも変わらず一緒に過ごす事が出来るのは本当に幸せだ。

これも義父母はじめ親兄妹や友達、周りの方々のお陰だと感謝をしたい。

“星の王子様” を書いたフランスの作家 サン・デグジュペリの言葉を借りれば “愛するということは、互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見ること” 

我々の愛は “共に同じ方向を見ながらも、互いに見つめ合う時間も大切にしていきたい”

同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。