2013年03月17日

知事選に見る日本の選挙

知事選に見る日本の選挙本日知事選があり投票所に行った。
国や都以外の知事選も、家族での投票も初体験。

マンション向いの小学校が投票所となっていたので、まずは娘がはまっている自転車練習に交通公園まで遠征。

いままでは中央のセイフティエリアで練習していたが、今日は外周をグルグル回るまで成長していた。

今日も赤く色分けされたセイフティエリアでは、まだ後ろを親に押さえてもらえないと乗れない子供達が一生懸命練習している。

僅か数週間前まで、我娘もここで同じように練習していたのが、夢のように思い出される。

その後 お腹が空いたので家族でランチ。最も近いファミレスに寄った。

娘が “店員さんに いつもの って言ってみて” ...

知事選に見る日本の選挙どこかのTV番組で覚えた台詞を言ったみたいらしい。それほど来てないから分からないと思うけど。

満腹になったところで、投票所となっている小学校へ。

まずは送られてきた引き換えのハガキを一列に並んだ担当者の中の1人へ渡す。その後 斜め向いにいる別のブースの担当者へ引換券を渡し、投票券をもらう。

それに候補者の中から自分が選んだ人の名前を記入して投票箱へ投函。

随分と形式ばった面倒臭いプロセスの割には、その間 誰からも本人確認をされなかった。
こんな管理体制で大丈夫なのだろうか?

記帳デスクには3名の名前が並んでおり、初めて3名立候補したことが判明。娘のスクールに送るときに眺めていたポスターには2名しか貼られていなかった。

しかも1度も選挙演説を聞いた覚えがない。それどころか、サイトを探しても立候補者が誰なのか、何をしようとしているのかさえ分からなかった。

今回は現職の知事を知っていることもあり、彼に投票したが、こんな事では国が良くなるはずもない。

国を良くするには、都や県などの地方自治体も改善していく必要があると感じた良い1日だった。

同じカテゴリー(マーケティング)の記事
羽毛布団の販売
羽毛布団の販売(2018-04-30 02:04)

キリトリによる認識
キリトリによる認識(2017-05-11 12:17)

街の顔
街の顔(2016-03-09 20:05)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。