2013年02月26日

バナナの目(紹介と挨拶)

バナナの目(紹介と挨拶)先日あるパーティに参加した時のこと。アメリカ関連のパーティだったので、夫婦同伴で来られている方々も多くいたが、参加者の 80 % は日本人でこの類のパーティには慣れていない様子。

私の知り合いも何人かいたが、殆ど初対面。

アメリカで同様のパーティがあった場合 ホスト役がそれぞれを紹介するか、ゲスト同士が紹介しあう。勿論その場で初めて知り合った者同士が、別のゲストを招きいれ紹介する。

そこで人のネットワークが広がり、1人で参加しても飽きることはない。

しかし、日本人同士の場合 顔見知り同士が話し込み、紹介しないケースが多々見受けられる。

今回もある夫婦と話している時に...

ご主人の方を知っているゲストがやってきて話し始めた。当然話が一段落したら紹介されるだろうと思っていたが、なかなか紹介されず、それどころか絶対に紹介しないようなムードを醸し出し私と奥様は取り残された感が漂い、仕方なく彼らの話が終わるのを待つしかなかった。

案の定紹介されず仕舞いで、相手からも何の挨拶もないまま立ち去られた。嫌気がさした奥様が今のは誰だと尋ねることになる。

こんな光景を日本では良く見掛ける。これではネットワークが広がらないばかりか、既存のネットワークまで失いかねない。

挨拶もアメリカ人は必ず相手のことを褒める。“今日のネクタイはお洒落だね” “髪型を変えたの? 良く似合ってるよ” 褒められれば悪い気はしないから、話しも良い方向に進む。

日本人ももっと新しい人を受け入れる姿勢があっても良いと思う。自分だけで囲い込むのではなく、もっとオープンに人の輪、ネットワークを広げていこう。

☆ “バナナの眼” 

外見は黄色(日本人)だけど中身は白色(白人) まるで “バナナ” のようだと言われる人種がいる。
そんなバナナの視線で物事を観ると、以外に面白いものが見えてくる。

“バナナの眼” はシリーズでお届けしています... 詳細はこちら

同じカテゴリー(アメリカ生活)の記事
Anniversary & Birthday
Anniversary & Birthday(2018-05-09 00:17)

アメリカへ
アメリカへ(2017-07-15 18:00)

3つの誤算
3つの誤算(2017-05-05 21:12)

カエルの楽園
カエルの楽園(2017-04-13 23:52)

今更ですが..
今更ですが..(2016-10-04 22:07)

引越あるある
引越あるある(2016-06-28 01:02)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。