2013年01月21日

衆議院若手議員

衆議院若手議員自民党衆議院議員の勢力図が大きく変わった。

公示前118人だった議員数が現在295人となり、その増加分の殆どが当選1回ないし2~3回の若手議員なのだ。

それにより自民党内でも若手議員の発言力が増し、伝統やシキタリにとらわれない意見が活発化してきている。

日本の政治は3流と言われて久しい。世襲やシキタリにとらわれて何も出来ない状態では変わりようがなかったが、この変化には大いに期待が出来る。

何か新しいことをやる、変革をするには...

新しい風が必要。重鎮やベテランは大きく構えて、若手に任せていかなければ世の中は変わらない。そろそろ出る杭を打つようなせこい真似は止め、どんどん引っ張り、育て上げていこう。

稲盛和夫さんがJAL再建に尽力されたが、その時 中心となった委員会のメンバーは若手社員と外部の見識者だった。部長職以上の社員、まして役員では保身に走り何も変えられない事を知っていた。

それが出来たのは、外部の人間であり、かつ実績とカリスマ性のある稲盛氏しかいなかった。

80歳を越えたご老体を最先端に引っ張り出すのは如何な物かと思うが、それが出来うる人材不足は否めない。

日本の政治改革も、この勢い、流れを利用して一気にやり遂げて欲しい。

同じカテゴリー(地域コミュニティ)の記事
警察官とお客さま
警察官とお客さま(2018-02-10 23:35)

お祭り騒ぎ
お祭り騒ぎ(2015-08-30 22:47)

無人駅
無人駅(2015-04-05 01:43)

ポップな盆踊り
ポップな盆踊り(2014-08-31 22:10)

万亀
万亀(2014-05-23 23:06)

年齢制限
年齢制限(2014-04-03 22:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。