2013年01月09日

宇宙と深海

宇宙と深海海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500 」が今月5日、神奈川県横須賀市から世界一周の航海に出発した。

深海の厳しい環境の生態系を調べて生命の起源に迫るのだ。

南大西洋を有人潜水調査船が調べるという世界初となる試みとなる。

海底からの高さが 5,000 メートルを超す巨大海山の生物を調べたり、中米のカリブ海では、熱水が湧き出す海底としては世界最深の海域に潜水し、500度を超える環境に生物がいるのか等、生命の限界に迫るという。

嘗て海洋科学技術センターの探査船「かいこう」がマリアナ海淵の最深部10,900mで生物を発見し採集に成功した事があるが、それには及ばないまでも 6,500 メートルの深海調査は凄い。

以前宇宙飛行士の若田光一さんにインタビューした時... 

宇宙と深海地球の地上約 100 km 以上のところは、もう宇宙だと言う。

実際若田さんが活動していた国際宇宙ステーションは、400 km 上空(地球周回軌道上)を地球1周 90 分で旋回していた。

地球の中心は地表から約 6,400km の深さ。だいたい東京からホノルルまでの距離だ。

地球は 66 km ほどの固い地面の層の下に 5,000 km 以上に渡って広がるマントル層と外核層で出来ている。地球をリンゴに例えると、固い地面の層はリンゴの皮よりも薄い事になる。

我々の住む地球、それを取り巻く宇宙の話しは興味深い。私が子供の事に流行ったフレーズを使わせて頂くと “地球や宇宙のことを考えると夜も眠れなくなっちゃうんですよ”

いつか娘と宇宙の話しをする日が来る事だろう。今から楽しみだ。

同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

教師とマネジャー
教師とマネジャー(2018-01-29 21:35)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。