2012年12月27日

いつの間にかアレルギー

いつの間にかアレルギー先日小学生が給食を食べて亡くなった事件がテレビで報道された。

学校側も細心の注意を払い、アレルギーのある児童には特別食を提供していたようだが、おかわりした食べ物の中にアレルギー物質が入っていたらしい。とても気の毒な事件だ。

昔はこれほどアレルギーに対して詳細が分かっていなかった事もあり、鈍感に過ごしていたような気がする。

今日買ってきた菓子パンの包装紙を見て驚いた。

使用しているアレルギー物質として...

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生が表示されており、含まれているものには印がなされ、その他のアレルギー物質は別途記載。お買い上げのたびに表示をご覧ください。とある。

メーカー側も消費者対策に余念がない。

アレルギーも多様化しているようで、先日はナスとバナナに反応するという人もいると聞いた。私も数年前から突然花粉症となり、娘が乗馬を始めてからは馬アレルギーにもなった。

人と自然と化学のバランス。進化しているのか退化しているのか分からない時代だ。

同じカテゴリー(アメリカ 子育て)の記事
1から再スタート
1から再スタート(2017-05-08 00:49)

2回目のゼロ
2回目のゼロ(2016-05-06 20:41)

峠の釜飯と一人二役
峠の釜飯と一人二役(2016-02-07 21:57)

娘の悪戯
娘の悪戯(2015-09-06 22:37)

最後の夏休み
最後の夏休み(2015-08-24 00:23)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。